日刊紙の宣伝チラシ、電話ボックスに見られる宣伝広告やダイレクトメールで、「負債の

日刊紙の宣伝チラシ、電話ボックスに見られる宣伝広告やダイレクトメールで、「負債の片付けいたします」「借金を一括化しませんか」という売り言葉を読むことがあります。

このようなものは、「整理業者」「買取人」「紹介人」という名の悪徳会社の嘘広告の場合もあったりします。

このようなものを頼んだケースでは自己破産フローの中で一番大切な免責許可を得られない危険もありえます。

「整頓人」とは、広告などで債務者を引きつけすさまじい費用をもらって負債整頓をやりますが、結局のところ借金整頓は行われないまま、債務者はさらに借金スパイラルに陥ってしまう失敗がほぼ全部と言ってよいでしょう。

「買取屋」の場合は、依頼者のクレジットで電気製品、電車のチケットなどを多量に注文させて依頼者から買った品を売値の30%~40%で引き取るという手法です。

負債者は瞬間的には金が手に入れられますが、必ずカード企業によって購入品の定額の催促がきて、結局は負債額を上乗せする結果になります。

この場合だとカード業者に対しての犯罪として免責判定を手に入れられなくなります。

「つなぎ業者」というのは、大企業の金融業者から断られるようになった借金人へ、ダイレクトな金貸しはせずに、貸出を可能である違う企業を知らせ、常識外の料金をもらう悪徳業者です。

紹介人は自らの努力で融資してもらったようにしゃべりますが、本当のところは特に何もせず、選考のゆるい店を伝えているというだけです。

このときも現実には負債額を増大させる結末となります。