特定調停という方法も任意整理による処理と同じくそれぞれお金の貸し手に対して借金の

特定調停という方法も任意整理による処理と同じくそれぞれお金の貸し手に対して借金の支払いを続けていくことを選択した借金整理の選択となります。

言い換えるなら裁判所が行う任意整理といえます。

この特定調停という方法も任意整理による方法と同じく破産とは違いある部分だけのお金だけをまとめることが可能ですので他の連帯保証人が付く契約以外だけで手続きをする場合やクルマのローンを別として手続きをしていく場合などにおいても申請することも可能になりますし、築き上げてきた資産を放棄する必要がありませんのでクルマや住宅などの財産を所有しているものの手放したくない状況でも活用できる債務整理の手続きになるでしょう。

しかし、手続き後返済が必要となる額と手取り額を比較して、おおむね返済の計画が立つようならこの特定調停による手続きを取ることが可能ですが、自己破産手続きとは違い負債自体が消えてしまうというわけではありませんのでお金の額がかなりあるような場合は残念ながら方法を取るのは困難であるということになるでしょう。

また、この方法だと裁判所が中に入るので弁護士等に見てもらわなくても不利になってしまうことはないという点とか、処理のための諸経費を圧縮できるという点は注目できますが貸方からのきびしい取り立てに債務者本人が説明していく必要があることとか、管轄の裁判所に何回も出頭する手間がかかるなどのデメリットもあります。

それから、任意整理による処理と比べてのことですが、調停にて解決できないような場合は借入利息をそのまま付けた額で支払っていくことになるということや最終的に債権者に対し返済する総額が任意整理より割高になる場合が多い等の注意点もあります。