特定調停も任意整理による解決と変わりなくそれぞれの貸方に支払いを続けることを前置

特定調停も任意整理による解決と変わりなくそれぞれの貸方に支払いを続けることを前置きとした債務を整理する選択のことをいいます。

他の表現でいうなら裁判所における借金の整理となります。

この手順も任意整理による手続きと同じく自己破産と異なり特定のお金のみを処理することが可能なため、連帯保証人が付く借入を別として手続きをする場合や自動車ローンの分を除いて整理をしていく際などでも適用することも可能ですし築き上げてきた資産を処分してしまう必要がありませんので株式や有価証券自分名義の財産を所有しているものの、放棄してしまいたくない状況においても有用な債務整理の方法といえます。

いっぽうで、後々の返済金額と手取り額を比較して適切に完済が見通せる場合においてはこの方法で手続きを取ることは可能ですが破産申告とは異なって返済義務そのものがなくなるわけではありませんので、負債の合計がだいぶある状況の場合、実際に特定調停による手続きを踏むのは難しいということになるでしょう。

さらに、この方法だと公の機関が解決に当たりますので弁護士等に見てもらわなくても不利な立場に立たされる心配がないということとか解決のための費用を減らせるという利点はあるのですが取り立てに対し債務者本人が回答していくことになる点や、実際の裁判所に何度も通う必要があるという要素もあります。

なお、任意整理による方法と比べると調停にて解決が得られない場合には借入利息をそのままの額で支払っていかなければならないということや結果的にお金の貸し手へ返済する額が任意整理と比較して高くなることが多いなどの留意点もあります。