民事再生という選択肢は住宅のローンを含め多重債務の問題に苦しめられている人々を念

民事再生という選択肢は住宅のローンを含め多重債務の問題に苦しめられている人々を念頭において、住居を維持しつつ金銭管理においてやり直すための法的機関を通した処理方法として平成12年11月に施行された制度です。

民事再生は、破産手続きとは違って免責不許可となる要素はありませんのでギャンブルなどで借金したような場合においてもこの方法はできますし、自己破産により業務禁止になる可能性のあるポストで給与を得ている場合等でも民事再生はできます。

破産宣告では、住んでいるマンションを残しておくことはできませんしその他の選択肢では、借金の元金は払っていくことが要求されますので、住宅ローンなどを含めて返していくことは難しいでしょう。

しかし、民事再生を採用することができれば、住宅のローンを除く借入金は多くのお金を圧縮することも可能ですので余裕がある状態で住宅ローン等を支払いつつ残った借金を支払っていくようなことができるといえます。

とはいえ、民事再生という手段は任意整理と特定調停といった手続きとは違って一部の借金だけを省いて処理を行うことは不可能ですし、破産申告の際のように借り入れ金それ自体消えるのでもありません。

それから、これ以外の解決策と比べても若干簡単には進まず手間もかかりますのでマンション等のローンを持っていて住宅を維持する必要がある場合等以外において、破産等のそれ以外の解決策がない場合における最後に考える処理として考えていた方がいいでしょう。